薬剤師将来

薬剤師将来

薬剤師の将来で不安ありますよね?そんな時不安を解消してくれるプロのコンサルタントに相談してみましょう。

↓↓↓

 

薬剤師の将来について不安を抱えている方も多いと思います。そんな時はやはり薬剤師の専門家に相談するのが一番です。
「マイナビ薬剤師」では薬剤師の悩みや不満についてプロのコンサルタントが無料で相談に乗ってくれます。

 

薬剤師の年収を将来増やしていくための確実な方法

 

薬剤師の年収を将来的に増やしていきたいと考えるなら、働く場所にこだわるのが何より大事です。
あなたが年収を増やすためなら転職をいとわず、業務内容が変わっても構わないというなら、今後は企業の仕事を目指していくのがおすすめです。

 

特に営業の仕事は歩合制を導入している場合が多く、成果を上げれば上げるほど、大幅な年収アップが可能となります。

 

また、調剤薬局や病院の仕事はそのまま続けて年収をアップさせたいと望むのであれば、地方の求人がねらい目となります。
現在、都市部では薬剤師の人手が余り、供給過多となり始めていますが、地方においては薬剤師不足が問題になっていますので、
待遇のよい職場が比較的楽に見つかるでしょう。

 

まずは、転職支援サイトを使って、薬剤師の求人を探してみましょう。
一人でも多くの人材が欲しい企業や病院は、給料を高めに設定しているところも多く、自分の希望とマッチすれば年収アップも叶えられます。
働き方や年収は誰にとっても大切なことです。情報収集をしながら、将来についてじっくりと考えてみましょう。

薬剤師将来 平均年収

薬剤師の平均年収を調べました

 

将来的に、薬剤師の年収は増えていくのでしょうか。それとも変わらないのでしょうか。
その答えは、職場の選び方で大きく変わります。
薬剤師が働く環境には、給料がアップする職場と増えにくい職場があります。
その違いを知ることが、薬剤師が将来的に収入を増やす近道なのです。

 

薬剤師の年収は将来いくらになる?勤務先別比較

 

薬剤師の平均年収は500~600万程度と言われています。
これが多いと取るか少ないと取るかは自由ですが、さてここで質問です。
薬剤師の年収は、将来いくらになるかおわかりですか?

 

もちろん年収は、勤続年数や役職の有無によって大きく変わります。
たとえば管理薬剤師や薬局長など、一つの部署や店舗を統括する立場にある薬剤師なら役職手当がつくので年収も高くなるでしょう。
それを踏まえた上でもう一度考えてみてください。答えは出たでしょうか。

 

ここからは勤務先別に、薬剤師の年収が将来的にいくらになるかを見ていきましょう。
まずは調剤薬局または病院に勤務した場合の年収です。
一般薬剤師の場合は、平均年収とほぼ同等の予想です。
それが管理薬剤師や薬局長になると、約650万円程度まで伸びます。

 

続いてドラッグストアに勤務した場合です。
こちらは店長・エリアマネージャークラスとなると、年収は700万円程度にまで伸びるでしょう。
調剤薬局や病院と比べて少し高めの金額であることがわかります。

 

最後に製薬会社の仕事に従事した場合を見ていきましょう。
ここでの薬剤師の仕事は主に研究開発と営業に分かれますが、仕事内容により年収は大きく変わります。
まず、研究開発に携わった場合は年収800万円、営業だと1000万円を超える人も出てくるでしょう。

 

こうしてみると、勤務先や業務内容によって、将来の年収に相当の幅が出てくることが分かります。

薬剤師将来 将来性

薬剤師の年収は将来増えにくい?調剤薬局と病院で働くときの悩み。

 

調剤薬局や病院に勤務している薬剤師は、「将来的な年収は増えにくいだろう」と特に強く考えていることと思います。
薬剤師は、毎月毎年の給料こそ安定しているものの、昇給がしにくい職業と言われています。
初年度はたいてい年収400万円からスタートします。
3年目に500万円前後にまで年収はアップしますが、その後は役職につかない限り、
大幅な変化が見られないのが、調剤薬局や病院の薬剤師の給与体系の特徴です。

 

しかし、そもそも薬剤師という職業には、役職自体がかなり少ないのが現実です。
同じ医療職の看護師と比べてみるとわかりやすいでしょう。
看護師には看護師長・看護部長・主任など細かな役職があり、役職手当のつく看護師は相当数にのぼります。
一方、薬剤師の役職は、管理薬剤師や薬局長など、職場内でも1つか2つあるだけで、それ以外のほとんどの薬剤師は一般薬剤師となります。
役職以外で年収を増やすなら、認定薬剤師・専門薬剤師のような専門資格をとって資格手当をもらう方法くらいしかないでしょう。

 

しかし、専門性の高い資格を取るには、普段の業務に加えて勉強の時間の確保と学費や受験費用などが必要になってきます。
将来専門性の高い仕事をする強い意志があるなら資格取得にチャレンジしてもいいかもしれません。
しかし単純に年収をアップさせたいだけであるなら、別の方法を選ぶのが得策です。

 

 

マイナビ薬剤師では無料でコンサルタントに相談できます

↓↓↓